https://blog.with2.net/link/?2024349 /

Mimosa Palette 森暮らし

米ミシガン州でダブルエコライフ

満開の黒い瞳のスーザンに見習いたいけど難しい

8月になるとのっぽの野生の花がどんどん満開になってくる。

よく見かける青い鳥が種を運んでくれているのだろうか。

 

実はうちに咲いているこの野生の花でお気に入りがある。

英名はBlack-Eyed Susan。

和名は黒い瞳のスーザン。

東側の畑に咲いている黒い瞳のスーザン。

かなりたくましいので花が咲いている時に植え替えをしても大丈夫らしい。

だから時を見計らって引越しさせるつもりだ。

 

花言葉は激励。

降り立った地でたくましく生きそこで花を咲かせるぞという強い決意とやる気をこの花が象徴している。

その濃黄色と真ん中の黒が強さと集中力を表しているようにも見える。

 

本当はできるなら・・・

自分は地球の果てにでも逃げてしまいたい。

アラスカとか北海道の果ては地球の果てと呼べるだろうか。

全てを捨てて人生を新しくやり直したい。

そんな気持ちの今日この頃。

 

でも今あるところでどうにか頑張らないといけないとも思う。

迷って生きるのは一番悪い。

それでも息ができないほど切羽詰まったら逃げも許されると思う。

どうしよう。

 

毎日逃げたい。

いや、逃げてはいけない。

 

この二つのはざまで揺れている。

 

決められない優柔不断さ。

いつからこうなったのだろうか。

ため息。

 

黒い瞳のスーザン。

フラフラせず的をしかり決めて今いる場所で花を咲かせる・・・・か、

今月は我慢しよう。

でも来月はどうなるかわからない。

 

変化には勇気がいる。

どこでも生きていける黒い瞳のスーザンになりたい。

 

 

 

 

 

イラスト:MCL