https://blog.with2.net/link/?2024349 /

Mimosa Palette 森暮らし

米ミシガン州でダブルエコライフ

暗くとも春であることには変わりはない

 

f:id:MimosaPalette:20220223230722j:plain

今朝9時の裏庭。写真には写ってないけど雪が降っている。


雨が降って雪がかなり溶けたかのよう。

でも今朝も雪がチラチラ舞っている。

相変わらずの曇り空。

 

これがミシガンの春。

冬のような春。

でも春であることには間違いない。

 

この春は世の中の情勢と似ている。

でも春というからには、これからどんどん明るくなっていくという兆しなのだ。

だからたとえ今何が起きていようとも

もっと明るい日が目の前まで来ているということ。

暗い冬のあとは春でそのあとは眩しい夏が待っている。

 

何が起きていようが

それに惑わされない強さを持って今日を生きたい。

 

暗い春の中にも美しいものが存在し

これからもっと明るくなる兆しも感じられる。

 

音を立てないで舞い落ちてくる雪。

静かな空。

灰色だけど黒じゃない。

地面の草も顔を出してきた。

木々の眠りももうすぐ覚める。

希望が見える。

自然は希望が凝縮したもの。

 

まだ暗くても春。

自分の瞼の裏にはすでに新緑の5月が見えている。

今はそこになくともダフォデイルの花が咲いているのが見える。

そうやって必ずやってくる明るい春を心に描いて今を乗り切る。

 

どんなことがあっても希望を持つ。

希望があれば乗り越えられないことはない。

そう思える。

そう思いたい。

 

 

イラスト:MCL