https://blog.with2.net/link/?2024349

Mimosa Palette ライフ学

〜ミシガン州ヨーク村からシンプル&ナチュラルライフ〜

めずらしく春らしい日が訪れた!

春。

地は緑の絨毯を敷きつめ始め

天はセルリアンブルーとウルトラマリーン色のカーテンを下げ

ブラックラズベリーにもバラの枝にも

ちいさな芽がにっこり顔を覗かせている。

命の息吹が空気いっぱいにこだましている。

春。

ずっとこのままでいてほしい。

 

f:id:MimosaPalette:20200403094643j:plain

裏庭の様子。

 

f:id:MimosaPalette:20200403094938j:plain

前庭。

 

f:id:MimosaPalette:20200403095028j:plain

隣のダイアンさんの家。

 

f:id:MimosaPalette:20200403095117j:plain

その隣の人の家。ずっと無視され続けているので話をしたこともないので名前も知らない。外国人が怖いのか人種差別家のどちらか。アメリカの田舎にはこういう人が多い。

ということで今日は珍しく春らしい日となり

おもわず

幸せ〜〜〜〜〜〜!と叫んだ次第です。

 

近場コロナ近況情報〜もうどうでもいいって感じ!

f:id:MimosaPalette:20200402235348j:plain

ミシガン州イプシランティ市のポパイという名前のファーストフード店の裏。車はどんどん入ってくる。


米国では飲食業は強制閉鎖状態だけれど、テイクアウトやお届けなら大丈夫。

だからファーストフード店やピザ屋は繁盛している。

毎日、昼食または夕食時が近くなると、ファーストフード店の前には車が列をなす。

ちなみに写真は行列がちょっと前に始まったばかり。

 

アメリカでは最近、母親も子供も家にいるようになったので家庭料理が食卓に並ぶようになってきた。それでも料理と無縁の人口の方が多いのでやはり便利な外食産業に足がなびくようだ。といっても開いているのは高カロリーのファーストフード店が大多数を占める。やっぱりアメリカだね〜。

他のレストランもテイクアウトを実践しているようだが、普通の食事ってスタイロフォームの容器に入れるととても食欲がわかないような見栄え。だからイマイチ人気がない。やはり、サンドイッチとかピザだとテイクアウトに適用しやすいのだろう。

中華は生き延びているらしい。

問題はファンシーな高級レストラン。

いずれにせよ、失業率が先週だけで60%上昇しミシガン州は160%も上昇した。自動車メーカーはホワイトカラーの従業員の給料を20%カットしたし、高級レストランなど人が行くわけない。

ま、

飲食業は普通はものすごく儲かる業界なので、雨の日のために貯蓄を心がけているはず。でもアメリカ人は貯蓄をしない国民性なので果たしてどうだか。

 

ということで、アメリカはロックダウンが4月末まで延期された。ということはだね、あと1ヶ月もよ〜〜〜!

年頃の娘は恋人とも女子友とも会うのがまた延期になり悲しんでいた。

そんな時に病気にかかり、かといって卒業プロジェクトがあるので休むこともできない。

かわいそ〜〜!

 

夫とわたしは今週末にソルトレークに出かけるはずだったが、参加予定のカンファレンスがキャンセルになったので、飛行機のキャンセルを2週間半前に入れた。

それで、保険をかけておいたにもかかわらず、なんと!

 

飛行機代は戻ってこない!

払い戻すお金が飛行機会社にないらしい!

 

ええええええええええええええ〜!?

 

がっくり。

 

ホワイトハウスから毎日市民向けにコロナニュースが報道されているけど、なんかもう見る気もしないわ。はっきりいってどうでもいい感じ。

だいたい娘もわたしも絶対コロナに感染したようだし。

だからなんなの?

 

 

 

 

 

 

 

スレッドセラピー

針に糸を通し、針を入れて、抜いて、単調な動きの繰り返し。

シュッ、ガタン。

ハサミの音だけしか聞こえない。

自分の手の動きだけをじっと見つめ

知らぬ間に

全ての煩いが心と思考から消えていく。

ひと目ひと目に込められた誰も知る由もない

わたしの胸の内。

それをこの縫い目に託していく。

 

ミシガンはちょうど北欧のように冬が寒く長いので、家で過ごす時間が長くなる。

そのため家をより暖かく心地よくするために女性は余念がない。

はっきり言って、ここではミニマリズムなどやらないほうがいい。

なぜならそんな殺風景な家の中では寒さをますます感じることになるからだ。

 

家の中を暖かく感じさせるものの中にテキスタイルがある。

このテキスタイルが多ければ多いほど家の中が暖かく感じられる。

また北米にはテキスタイルをインテリアにふんだんに使うだけでなく

冬に針仕事や編み物をする人も多い。

わたしもその一人だ。

 

わたしは糸や布や毛糸などのテキスタイルが好き。

それは肌に優しく疲れた心と体を癒してくれるように感じるから。

テキスタイルを手に取り触れることだけでなくそれで創造することにも喜びを覚える。

テキスタイルアートにはヒーリング効果があり

アートセラピーの一つのモダリティとしても取り入れられている。

今日はその中でも縫い物について語りたい。

 

Sewing mends the soul .

「針仕事は魂を修復してくれる (英語でほころびなどを直すことをmendという)。」

というように特に手縫いに特別な愛着心を抱いている人は多い。

また最近の研究が示しているように、忙しい現代の生活の中で忘れられてしまったような手縫いという伝統がもたらす精神への恩恵は計り知れない。

それには潜在意識をリラックスさせてくれるということも入る。

 

わたしも針仕事がわりと好きである。

でも日本女性のような器用さに欠けるので(家庭科も嫌いだったし。。。)

丁寧な仕事はできない。

大雑把で非常に適当、

それでも、ハギレで何かを作るのは好きである。

 

では

今回は冬中ちょっとずつチクチク手縫いで仕上げたものをご紹介したい。

(本当はもっと作りたいけれど、会社に勤務しているので時間が取れないのが残念。)

 

まずはポットホルダー(鍋つかみ)。

古くなったジーンズとその辺のハギレでアップリケを施した。全部で8個作成し、4個はファーマーズマーケットで売ってしまったのでこれが残り。

f:id:MimosaPalette:20200402053742j:plain

 

次は古くなったオーブンミトンをリメイク。

ビフォー!(汚くてボロボロだ

f:id:MimosaPalette:20200402054209j:plain

 

アフター!

f:id:MimosaPalette:20200402054236j:plain

どう?

では、これをキッチンのラックにかけてみよう!

f:id:MimosaPalette:20200402054412j:plain



どうせならポットホルダーもご一緒にどう?

f:id:MimosaPalette:20200402054527j:plain

 

遠くから見るとこんな感じ。

f:id:MimosaPalette:20200402054601j:plain

うちの台所は家族でリフォームしたもので(でもまだ終わってない!!大汗)、アメリカの一般的な台所に比べるとかなり狭いけれど結構使い易いのだ。

 

最後に、

今日を始めるにあたって、

心が木綿のようにシンプルであっても強く、

尚且つ柔軟で穏やかでありますように。

 

 

 

 

コロナに罹ったかも!!

土曜日の夕方から調子が悪い。

喉がむず痒く乾燥している感じで声がかすれ声になってきた。頭痛がし胸のあたりになにかが詰まっているように感じる。

娘は、吐き気、下痢、喉の痛み、胸の重圧感、疲労感、悪寒、筋肉痛(少し)、発熱、頭痛。

もしかして、もしかして、

これって

コロナウィルス?

今アメリカだけで感染者が164,000人で死亡者が3,500人!これくらいいるんだから自分たちが罹ってもおかしくはない。

 

私はともかく、医療機関に娘を連れて行きたいのが山々なのだが、検査器具などが不足しているため体温が華氏103度(摂氏39.5度)以上ないと診てくれないことになっている。だけど39.5度もあったらかなり危険じゃない?超危険状態にならないと対応してくれないなんて。あんまりでしょ〜?

まあ、看護師さんたちも自分の命を犠牲にして患者の世話をしている。検査道具が足らないことから、外部の人が優先で、肝心の医療関係者は検査をしないようにと言われている。だから当然、患者も初期症状では相手にされない。それはわかる、でもね〜。やっぱり腑に落ちない!

 

それじゃあ

やはり頼れる人は自分しかいないってこと?

 

そうだよね。

コロナじゃあないかもしれないけれど、仕方がないから自分たちでどうにかすることにしよう。

わたしは自慢じゃあないけど、代替医療について過去20年間以上勉強している。だからその知識を活かして治療することにした。病気は初期が肝心。早めに対処すれば手遅れも防げる。

 

1。まずはこちらから。

f:id:MimosaPalette:20200401074005j:plain

一刻も早く治したければこれ全部を使う。

 

2。

f:id:MimosaPalette:20200401083728j:plain

まず朝起きて最初にこれを摂る。コロイダルシルバー小さじ1杯。

コロイダルシルバーは細菌およびウィルス菌を殺す。実はこれはその昔の抗生物質で、新薬が登場してから主要舞台を退いていたが、コロナのお蔭で現在どこでも売り切れ状態である。銀が入っているが今は改良されて飲みやすいようになっていて体内に溜まらないようになっている。

20分から30分待ってから・・・

 

3。

f:id:MimosaPalette:20200401083921j:plainf:id:MimosaPalette:20200401083813j:plain

しそ茶に微量の蜂蜜とアップルサイダービネガー大さじ2杯ほど入れて飲む。

しそは悪玉菌を減少させ免疫力を高め、咳や喘息に効く。冷えやアレルギーや血流を良くする。またビタミンC、B、カロテン、カルシウム、鉄、カリウムなど栄養価が高い。

蜂蜜は喉のあれや咳に効く。アップルサイダービネガーは悪玉菌を減少させ善玉菌を増加させ、体をアルカリ性にさせる。(酸性だと病気にかかりやすい体質になる)

これを何倍も一日中ちびちび飲む。

 

4。

f:id:MimosaPalette:20200401084948j:plain

一日中ビタミンCをたくさん摂る。水溶性なのでたくさんとっても害はない。

 

5。

f:id:MimosaPalette:20200401085356j:plain

食事は軽くできるなら汁物だけ。フルコースメニューは禁止。

食事と一緒にニンニクを食べる(アロエを細く切って一緒に食べてもいい。アロエは穏やかな下剤になるので解毒が早く進む。)

肉などの動物性タンパク質は(だし意外)禁止。

それは動物性タンパク質は消化に大きなエネルギーを要し、結果として体の修復に回すエネルギーが不足するため。

砂糖は微量の蜂蜜のみ。砂糖は体を酸性化させ、悪玉菌を増加させるから。

 

6。ヨガで、背筋の筋肉を伸ばし血流を高め酸素を取り入れる。

(娘には)背中と足に指圧マッサージを施す。

 

7。就寝前

f:id:MimosaPalette:20200401075612j:plain

エプソンソルト(硫酸マグネシウムをカップ二杯熱い浴槽に入れ完全に湯の中で溶かす。そこに最低20分浸かる。

効果:華氏80度以上の水蒸気を吸い込みそれが肺に入ると肺の中のコロナ菌が死ぬ。またosmosis (浸透)の働きにより、皮膚を通してソルトが体内の毒素を体外に吸い出してくれる。体温を上げることによって免疫が上がる。免疫が上がると病気と闘う力が増す。

 

8。そして

f:id:MimosaPalette:20200401084602j:plain

ヘンプオイル。つまり大麻草から取った油。悪玉コレステロールをやっつけ、血糖値の上昇を抑制させ、血流を高める。痛み、ストレス、睡眠障害にも効く。よく眠れるので体が休める。(食後2時間待つこと。)

プラス

9。

f:id:MimosaPalette:20200401083728j:plain 

再びエプソンソルト小さじ一杯。

 

10。

f:id:MimosaPalette:20200401085610j:plain

体温を上げ筋肉をリラックスさせ安眠できるようにサロンパスやカイロを背中に貼る。

 

これで

布団に入って

ひたすら寝れるだけ寝る。

これだけ。

実際、日に日に良くなってきていると感じる。

 

11。症状がかなり回復してきたら

 f:id:MimosaPalette:20200401084426j:plain

自家製ケフィアを飲んで、コロイダルシルバー摂取で失った善玉菌を大幅に増やす。

 

結論

この方法は普通の風邪やインフルエンザ及び花粉症にも大きな効果が見られる。

鍵は、体を温め、水分を常に補給し、体内の悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やすこと。

免疫をあげれば怖いものはないのだ。

ぜひお薦め!!!

 

 

 

 

 

 

春風で木が倒れた!

最近どうも風が強いなあと思っていたら

その風で裏庭のパインの木が丸ごと折れた!

ボキ。バターン!

f:id:MimosaPalette:20200331061846j:plain

裏庭の様子。倒れた木の後ろの小屋は庭の手入れをする道具や機械をしまってあるところ。

この強風はここでは一応春風。

でも日本の暖かい春風とは全然違う。

 

春のはずだけどまだ寒い。

家の中も暖房が効いているし

花なんてまだどこにも咲いてない。

 

4月に入ったとしても今度は雨が降るから引き続き寒さが続く。

もっとも冬に比べればまだましなんだけれど。

 

これがミシガンの春。

6月くらいにならないと暖かく感じないのだ。

で、夏も全然夏じゃあない。

日本人にとって、ここは季節は三つだけしかないと思う。

 

冬のような春と

秋と

極寒の冬。

それでおしまい。

 

まあ、雪が溶けただけで感謝ってもんです。

 

 

 

 

 

Simple Pleasure ~ シンプルな楽しみ

米国では半娯楽的な施設のほとんどが閉まった。日本のような自粛ではなく、半強制閉鎖である。

レストランも劇場も映画館も公園も遊園地もテーマパークもゲームセンターも閉まり、図書館も本屋もショッピングモールもジムも閉まった。その辺を目的なくうろうろしていようものなら警察に止められこともある。そのため米国市民は暇をもてあますようになってしまった。

結果として余暇の過ごし方に変化が見られるようになってきた。

もっとシンプルで素朴な活動をするようになってきたのだ。

 

例として運動が挙げられる。家の前に最近たくさんの人が(といっても5家族くらい。でもここではたくさんのうちに入る)ジョギングをしたり散歩をしている姿が見かけるようになって来た。以前もいたけれどみんな怖い顔つきをしていた(仕事のストレスか?)。でも最近は皆笑顔だ。ふ〜ん、なぜ?

夫も通勤時間がなくなったせいで散歩を始めるようになった(メタボすぎて走れない!)。

 

また春になってきたこともあり、家庭菜園を始める人も出てきた。

(多分これは食糧不足を心配してのこととも考えられる)

 

夫とわたしは先週末にプチトマト(baby tomato) の種を土に蒔いた。ミシガンは4月でも寒い日が多いので、家の中で苗になるのを待ってから外の畑に植え付けに行くことになっている。

 

英語で土はdirtといい、dirty(汚い)の語源だ。

だから土に触ることは汚い不衛生なイメージがある。

それでも土に触れることは精神の衛生にはとてもいい!

それは、母なる大地は人間を含む全ての命の源であり、

土に触れることは暖かい母に抱かれているような気持ちにさせてくれるからだ。

 

こんなシンプルな楽しみの中にも喜びがある。

エキサイティングからは程遠い。

きらびやかでもない。

やんわりと胸の中に広がって行くホコホコ感というのは

本当はこんなシンプルな事の中にあるのだ。

実はわたしはこんなシンプルライフが気に入っている。

シンプルライフって物を減らすことだけじゃあないのよ。

 

ではそろそろ、この種蒔きプロセスをご紹介。

ちなみに写真に写っているごっつい手は夫の手!(汗)

 

f:id:MimosaPalette:20200328225734j:plain

1.  腐葉土などが入った苗用オーガニック土を準備。

 

f:id:MimosaPalette:20200328225917j:plain

2。苗を育てる箱に土を入れる。

 

f:id:MimosaPalette:20200328230034j:plain

3。指で土を5ミリほど凹ませる。

 

f:id:MimosaPalette:20200328230529j:plain

4。店で買って来た種。

 

f:id:MimosaPalette:20200328231850j:plain

5。裏もきちんと読む。種の植え方が説明してある。

ミシガン南部は5月から6月にかけて外の地面に苗を植えるようにと指示が書いてある。ここの春は時々春っぽいけどまだまだ結構寒い日がほとんど。

今日も暖炉に火が灯ってる!

 

f:id:MimosaPalette:20200328230145j:plain

6。トマトの種〜ひとつの箱に三つほど入れる。

 

f:id:MimosaPalette:20200328230359j:plain

7。#3で開けた穴に種を入れる。

 

f:id:MimosaPalette:20200328230743j:plain

8。土をかぶせる。

 

f:id:MimosaPalette:20200328230850j:plain

9。土を上から押して種を固定。

 

f:id:MimosaPalette:20200328231052j:plain

10。種蒔き完了!

 

f:id:MimosaPalette:20200328231208j:plain

11。バケツに水汲み。

 

f:id:MimosaPalette:20200328231303j:plain

12。水をしっかりかける。

 暖かいところに置いておけば10日ほどで芽が出る(はず、でも多分もっとかかるにちがいない)。

 

冬が終わり春が来て

良いことが起きる兆しが見える。

起きないなんて思わないではいられない。

南に行っていた鳥も戻って来たようだし

庭のサクランボや梨の木々にも芽が吹き始めている。

トマトの新しい息吹もこれから見れる。

それはこれからの将来を暗示しているかのようだ。

なんとなく嬉しい予感。

I love simple life!

 

追記:三男の嫁の祖父がコロナ感染で昨日亡くなりました。

症状なしで普通に歩いていたらいきなり倒れて救急車で病院に運ばれたけれど、もう既に息を引き取っていたらしいです。亡くなってからの検査で「コロナでしたよ」と言われだけれどすでに遅し。80歳を越していたし健康の問題があったようなので(息子の結婚式に来てくれた時、凄く具合が悪そうに見えました。)体は耐えられなかったのだろうということです。ちなみに住んでいたところは例のワシントン州シアトル郊外です。

悲しいニュースですみません。でも彼は全く苦しまないで亡くなりました。そういう点ではよかったけれど、息子の姑(故人の娘)はお葬式もできないなんて、と涙に暮れているそうです。これからお悔やみのメッセージを送るつもりです。

とりあえずお知らせまで。

 

「人間万事塞翁が馬」で生きると楽に生きれる

f:id:MimosaPalette:20200328010524j:plain

草を食べる草原の馬。(出典:https://www.tutitatu.com/

昨日、長男の会社から社員全員1週間の休暇を取るようにとのお触れが出た。

これは有給?

いや、せっかくの貴重な有給休暇を家でダラダラ過ごすのは勿体無い。

かといって外出ほぼ禁止状態ではどこにも行けない。

それなら何ができるのだろうか?

 

やっぱりこれは無給にちがいない。

Ouch! (痛!)

 

長男の勤務する会社は大手自動車メーカーのサプライヤーである。

彼はそこの営業部でコスト分析の仕事を担当している。

ところが、現在、全メーカーの生産ラインが既に停止している。

よって注文はゼロ。だからはっきりいって仕事がない!

ということは会社は大赤字で経営困難ということ!

 

それなのに本人はのほほんとして笑っていた。

人間万事塞翁が馬だそうだ。

Que sera sera.

Whatever will be, will be.

 

なるほど。

極意だなあ〜

確かに今こそがそのような心の持ち方が大事な時であるかもしれない。

 

「人間万事塞翁(さいおう)が馬」

とは有名な中国の故事成語で、このようなエピソードから生まれた。

 

昔、中国の北方に一人の老人がいた。
ある日、その老人の馬が逃げてしまった。気の毒に思った近所の人たちは老人を慰めにきた。ところが老人は
「このことが幸福にならないとも限らない」
と言ったではないか。

すると、しばらく経ったある日、逃げた馬がたくさんの馬を引き連れて帰ってきたのでだ。近所の人たちはお祝いを言いにきたが、老人は意外にも
「このことが災いにならないとも限らない」
と言った。

そしてその言葉通り、老人の息子はその馬から落ちて足の骨を折ってしまった。慰めようとする近所の人たちに対し、老人は再び言った。
「このことが幸福にならないとも限らない」

やがて隣国が攻め込んできた。全ての若者は戦争に駆り出されてしまい、ほとんどが命を落とした。しかし足を負傷していた老人の息子は戦争に行かずに済み、命が助かったのだ。

 

解釈

塞翁とは中国北部にいた老人のことを指し

「人間万事塞翁が馬」の意味は

「禍福というのはまったく予想できないもの。」

 

もっとわかりやすく説くならこういうことになる。

人生の幸不幸や苦悩は変転するものであり、人間の予想や思惑通りには行かないことが多い。不幸だと思ってもそれが幸福につながることもある。幸福だと思っても不幸につながることもある。だから人生何が不幸で何が幸福かはわからない。

よって、人生には上り坂も下り坂もあるということを常に心得ていることは大切。

それでなければ目先の出来事や問題に一喜一憂してしまい、心の安定を図ることが困難になってしまうのだ。

 

私は4歳に孤児になってしまった。世間の常識から行くと、それは不幸以外の何物でもない。けれども後々不幸になったかというとそうでもない。それに、親になってもっと不幸になったような気がする。でもそれも一見不幸のように見えるが、実は違うのかもしれない。それはこれから何が起こるかもわからないからだ。

 

英国のハリー王子と結婚したメーガン妃も当初は天にも登るような気持ちだったことだろう。けれどもその後は王室の伝統やしきたりに馴染めず、悪質な噂やいじめにも逢い苦労を重ねることになる。耐えられなくなった彼女は夫を連れて王室を出てカナダに移ってしまった。今後は米国に移り住むようなことも聞いている。彼女はこれからは絶対に幸せな人生を生きれると信じているはずだ。しかし本当に何が起きるかは誰にもわからない。噂は止まないだろうし、彼女は良くても夫はアメリカで幸せになれないかもしれない。それは誰にもわからない。人生とは確実な予測をつけることができないものなのだ。彼らはただ現状を受け入れながらこれからの人生が上がり坂になることだけを期待して生きている。

そして状況に多少差異があってもわたしたちも同じように生きているのではないだろうか。現在のパンデミック状況にもいずれは終止符が打たれ世の中が上がり坂になる日がやってくる。それを静かな気持ちで待つしかない。

 

時は常に移り変わり、今後の展開は誰にもわからない。だからただ今を生きるしかないのだ。今はこれでいい、悪くもよくもない、という腹に落ちた考え方、つまり肝が座った考え方は、どんな状況をも乗り越えることを可能にしてくれるはずにちがいない。

人生は上がったり下がったりが常で、現に長い歴史を見てみればその事はたやすく理解できるはず。ということはいつか必ず現状を打破することも可能ということになる。

歴史の中の先人も例外なく度重なる不幸に見舞われてもそこから必死に這い上がって成功を収めてきたではないか。

だから、

 「人間万事塞翁が馬で生きる」を心に深く刻み、現状がたとえ下り坂でも、それを幸とも不幸とも決めつけずに、淡々と乗り越える。それが楽に生きるコツかもしれない。

布製トイレットペーパーを作った!

アマゾンを通して注文したトイレットペーパーが届くのはあと最低2週間。運が悪ければもっとかかる。

なんでも在庫が切れているのはわたしが注文した時と変わらないそうだが、今はカートにさえ入れられないそうだ。

だから遅れる可能性は大きいと見る。

それで焦って店に行ってみることにした。

 

二日前にスーパー(グローサリーストア)の店員が、朝一番で行けば買えると教えてくれた。でも買えるのは一人につき6個入りの小さなパーケージのみ。買い占め予防とか。

で、翌日も行ってみた。朝一番だけど、すでに売り切れ!!

どうしよう。

 

ま、とりあえず今の在庫でケチって使っていれば数週間はもつはず。

夫は気を遣ってくれて店にわざわざ行ってトイレを使っているし。

でもそのあとアマゾンから届かなければ我が家はアウトだ(外出禁止令が出てみんな家にいるから使用量が増えた)。

ちょっと心配。

 

それで

やっぱりこれしかない!

という決断に至った。

つまり布製トイレットペーパーを作るしかない。(布の紙って変だけど、アメリカではこうやって呼んでいるみたい)

 

もちろんトイレに流せば詰まるので使用した布は洗濯しないといけない。

かまわない。だって布おむつというのがあるのだからトイレ用布巾というのもあっていいのではないだろうか。

 

いらなくなった綿のTシャツを四角(8インチx8インチ)に切り、その数今のところ70枚ほど。

トイレに使うものを丁寧に縫る必要はないのでただ切っただけ。

年頃の娘は怪訝な顔をしていた。汗。

f:id:MimosaPalette:20200326060335j:plain

かかった費用は0ドル(貰い物のため)。制作時間は30分くらい。

いや〜これは地球のゴミにならなくて超エコだよね

水の無駄?

ああ、それはね〜。うちは井戸水だから資源の無駄ってわけではないのよ。

もしこれで誰も(自分も含めて)文句を言わなかったら、

トイレットペーパーとは永遠にさらばじゃ〜!

コロナウィルス騒動の中で平穏に生きるには

 

f:id:MimosaPalette:20200324124956j:plain

シカゴで最も美しい通りの一つ。(出典:https://www.thrillist.com/lifestyle/chicago/most-beautiful-places-in-illinois-road-trip-ideas

23日の真夜中12時からミシガン州は外出禁止令が施行されることになる。

そして明日から会社のドアが完全に閉まりセキュリティ以外の人は誰も出入り禁止となる。その上、この禁止令に従わなければ法律違反として罰せられることになる。

食料や薬品などの必需品の買い出しや外での運動は許されるが、二人以上の集まりは禁止で集まっても2メートルの距離をとらないといけない。(不可能じゃない?大家族はどうするの?)

すごいことになった。

 

時間ごとにニュースがアップデートされ市民のパニック度も増す一方だ。

ニュースを見れば見るほど心配を抑えることは不可能になっていく。

はっきり言って皆ニュースに執着しているように思える。

政治家のいう言葉の一つ一つに執着している。

それで物事が解決するのだろうか。

もっと穏やかにこの事態を乗り越えることはできないのだろうか。

世の中の大騒ぎにこんなに心を留めること、つまり執着する事の意味は何であるのか。

 

執着するから生きていることが苦しくなる。

執着が全ての苦しみの始まり。

命に執着。

我が子に執着。

仕事に執着。

勝ち負けに執着。

プライドに執着。

エゴに執着。

過去に執着。

持ちものに執着。

お金に執着。

自分の感情に執着。

コロナウィルス騒動に執着。

状況コントロールに執着。

 

コントロールなんて完全には無理。

人間の力と努力でどれくらいの成果が出せるというのだろうか。

犠牲者が出るのを止めることも不可能だ。

できることはしてあとは心配しても仕方がないのだ。

器具も薬も足らないし医療関係者の数も足らない。

だから当然手落ちもある。

それも仕方がない。

恨んでも意味はないのだ。

 

こんな時はゆだねればいい。

どうにもならないような状況の時はゆだねるしかできない。

全てをゆだねる心が安心感をもたらすのだ。

自分よりもっと大きい何かにゆだねる。

それは人によって違う。

神様という人もいるし、

仏様という人もいる。

宇宙のエネルギーという人もいる。

人はそれぞれでいいと思う。

人は小さな存在だから自分より大きな何かに頼りたくなることもある。

それが普通なのだと思う。

 

息を吸って

吐いて

それを繰り返し

胸の鼓動に耳を傾け

自分が確かに生きていることを確認する

そのあとは

全てをゆだねる。

そうすれば不安は消える

 

人の明日はわからない。

だから

ただ今日一日の輝きを全身で受け止め、

生きていることの感動を噛み締めるだけでいい。

他のことは何も考えずに

一瞬思考をオフにして

全てを委ねる。

そうすれば

 

心は平穏に包まれる。

 

 

 

 

いい加減にしてくれ〜〜〜〜!統計が語るコロナウィルスの真実

f:id:MimosaPalette:20200322090412j:plain

ニューヨーク市のタイムススクエア。いつもとても混雑している道路だが随分空いている。(出典:https://www.businessinsider.com/some-us-roadways-are-deserted-as-a-result-of-the-coronavirus-2020-3

米国でもコロナ騒動で州でも町でもシャットダウンが続いている。

国境を閉鎖して飛行機も船も電車も(一部の貨物便を抜かして)全部キャンセル。レストランもバーも閉鎖。学校もオフィスも工場も閉鎖。カイロプラクターやマッサージセラピーや歯医者は開いているがキャンセルが相次いで仕事にならないところが目立つ。楽しい行事もキャンセル、映画館も劇場も人が集まるところは全て閉鎖。店舗は必須業界だけが開いている。当然ホテル、観光、航空、娯楽、レジャー、ファッション、外食業界が最悪の痛手を受けている。だから解雇も倒産寸前の企業も増えるばかり。

飲食店勤務の市民はただでさえギリギリの生活を余儀なくしているのに皆解雇になりどうやって生きていくのか。それで彼らを救うために一市民につき1000ドル(110,000円)ほど連邦政府から援助が降りるらしい。でもこれって生活費の足しになるだけで十分じゃない。それに誰でももらえるし身分証明などいらない。オンラインで自主申告のみ、誰が確認するわけでもない。仕事を失っていない高収入の人だってもらえる。こんなことをしていたらまた国の借金が増えるじゃあないの。それにこの借金だって中国に借りるらしい。それで一体全体借金返済は誰がするの?

全く何を考えているのか。

 

この大騒ぎのため株式市場も下落している。

うちの退職金は25%弱の下落。もっと落ちるかも。

いずれ回復するんでしょうけど、シャットダウンをやめない限りはまず無理でしょう。

 

あのね〜政治家っていうのは算数ができない人ばかりなんでしょうか???

これはトランプ大統領を陥れるための策略としか思えませんよ。彼は当初は心配するようなことではないと言っていたけど随分意見が変わったようで今は恐怖感をそそるような発言が多い。

敵である民主党議員が一丸となって国の経済を破綻させてついにはトランプ政権を破滅に追い込もうとしているようにしか見えない。

 

だいたいこの統計を見てください!

 

世界人口:約5,500,000,000人(2020年)

コロナ菌総感染者数:約300,000人3月22日現在)

コロナ菌総死亡者数:4,825人(3月22日現在)

 

これでいくと世界人口の0.005%が感染していることになる。

ということは稲妻に打たれて死ぬ確率(0.03%)の方がコロナ感染より高いということになる!

 

それで問題のコロナ菌死亡率はなんと世界人口の0.0002%だけ。

これだけだよ!

 

それに亡くなった人の80%が60歳以上で、

その80%のうちの75%が既存の健康問題を抱えている人だ。

もともと健康問題(ガンなどの重病)があり年齢がいっていれば感染率も死亡率も上がるのが常識ってもんでしょ。たまたまコロナ菌に感染して(悪いけど)天に召される時がちょっとだけ早まってしまっただけのこと。

 

ほとんどの人は回復しているのだよ。

子供なんてほとんど罹っていない。

それなのにこんなに大騒ぎして。

 

こんなことのために経済が破綻してもいいのだろうか?

 

私の勤務会社も全部署が閉まってしまって、リモート(在宅勤務)で仕事をすることになった。生産部門もラインを止めてしまった。うちの会社だけではない。この業界全部が実施している。怖〜い!

それで他にも問題が出ている。

今までは一日100人ほどがリモートで仕事をしていただけだが、今は8000人の社員がサーバーに一気に入ろうとしていて、当然会社のシェアドライブにアクセスができない人が沢山出てきている。インフォーメーションシステムがハンドルしないといけない容量が多すぎて機能ができなくなっているのだ。でも管理職は問題がない。エンジニアもない。下々のわたしのような社員にはある。それで仕事にならないので(上司に秘密で)出勤している。コロナだろうが何だろうが下々の社員は働かないなんてそんな余裕はないのだ。

 

またどうも見張りがいるわけではないから、みんな適当に仕事をしているような感じがしてならない。娘の目撃によると、日中に公園などでジョギングしている人も嫌に増えている。スーパーにもかなりの数の働き盛りの男性が買い物に来ている。システムへのアクセス不可で仕事にならないのだろうか。でも仕事は?昼間だよ!

 

英国では食料買い占めによる問題も起きている。看護師などの医療機関勤務の市民がコロナ患者の世話に追われていて夜もふけた頃でないと買い出しに行けない。それでやっと店にたどり着けても食料は全部売り切れ。自己中心の人ばかりで「あまりにひどい!」と泣いていた。

なんで?それは政治家がみんなを怖がらせるようなことを発言しているからだよ〜。

 

だから早くこのシャットダウンをやめてくれないとね、確実に米国経済が崩壊するのが目に見えている。(米国経済が崩壊したら世界経済にも大影響が行くのは明らか)

でもって、その結果を喜ぶのは現在すでに立ち直って来ている中国に違いない。

米国を負かして世界一の経済大国にのし上がるつもりだろう。

 

加えてトランプ政権を倒そうと狙っている民主党も喜ぶに違いない。

11月の大統領選挙に向けてこんなもってこいの大事件はないのだから。

 

でも上記の数字を見て!

心配するようなことなの?

 

いい加減にしてくれ〜!!!!!!!!!!!!!!

 

追記:

でもこの大騒ぎのおかげでいいこともあるにはある。

つまり、

1。道路が空いていること。

2。アメリカ市民が(することなくて暇だから)外で運動をするようになり健康的な生活をしてきていること。

これだけ。

 

 

 

 

 

イラスト:MCL